ウイメンズクリニック南麻布

ウイメンズクリニック南麻布
港区 南麻布の婦人科,子宮頸部異形成(HPV),婦人科腫瘍,更年期,ピル外来,セカンドオピニオン外来

〒106-0047
東京都港区南麻布5-10-26 ORE広尾 3階
TEL:03-5798-7774
トップページ»  診療時間

診療時間

 
7月からの外来診察表



土曜日の診療
  清水医師の予約は時間制無しです。8:30-13:00まで受付。診察は基本的に受付順です。但し、ご高齢の患者様、救急、手術後や検査後の止血のみの方は優先されます。御了承お願い致します。
池田医師の受付は、時間予約制です。10:00~14:00までの一時間毎に5~6名ずつの枠があります。
土曜日は、清水院長の意向で、婦人科腫瘍専門医の池田俊一先生が診察に加わり、2診体制と致しました。いずれの医師に受診されるか、予約時に指名して頂くことになっております。来院当日変更しても問題ありません。指名は自由です。土曜日は、池田医師、清水医師、いずれの医師を受診されても、安心出来るような体制にしております。病気の内容によっては、両方の医師で診療する場合もあります。
  池田先生は、婦人科腫瘍 (頸癌、体癌=子宮内膜癌、卵巣癌、卵管癌、腹膜癌、腹膜偽粘液腫、膣癌、外陰癌等) の治療において、高度な手術の技術と独自の化学療法、及び分子標的治療などガイドラインを越えた最先端の治療が可能な医師です。婦人科癌の治療に於いて、stage Iは根治可能ですが、II期以上はガイドラインに従うと完治(100%治癒)は困難です。ましてやIII, IV期となると、そもそも根治は極めて困難です。私は癌研病院、三田病院時代に子宮頸癌、子宮内膜癌(体癌)、卵巣癌、卵管癌、膣、外陰癌等のIII, IV期に対する根治療法を実践していました。もちろんガイドラインにはありません。最初に工夫した抗癌剤治療(副作用を軽減して効果を最大限にする化学療法)を行い、III, IV期をI(~II)期にまで改善(down staging)した後に、ガイドラインを超えた拡大手術を行い、根治せしめるという治療法です。この方法でIII, IV期の2/3以上の患者様に於いて、5年以上の生存率を達成してきました。完治された方も少なくありません。池田先生はこの方法も取り入れて、現在I-II期のみならず、III-IV期の進行癌に対しても根治を目指して治療されています。
  一方で、池田先生は、前癌状態の子宮頚部異形成の管理も専門です。高度異形成や上皮内癌に対する円錐切除術に関しては、異形成の範囲、子宮の形や向き、大きさ、年齢などを考慮して、標準的な手術のみならず、拡大手術(頸管追加切除)や縮小手術など工夫した手術も可能です。妊娠希望者に対しては、いかにして安全に妊娠、出産出来るかを考慮し、工夫した円錐切除をすることを心がけておられます。子宮筋腫に対する一般的な筋腫核出術や子宮全摘術のみならず、粘膜下筋腫に対しては、お腹を切らないで膣から筋腫を摘出する経頚管的筋腫切除術(TCR: Trans Cervical Resection)を専門にされています。婦人科癌、異形成、子宮筋腫の他に、子宮内膜症、月経困難症の管理 (Pillを含めたホルモン療法)、更年期女性に対するHRT (ホルモン補充療法)、感染症など、いずれの疾患にも対応可能です。
  根治が困難な婦人科の進行癌 (II-IV期)や治療後再発した場合の治療の相談 (2nd opinion)、円錐切除後の高度異形成の残存や再発に関する2回目(または3回目) の手術に関する2nd opinionについては、池田、清水両医師で対応しています。